知伊与田区麹町の女性社会保険労務士【 株式会社モアグロウ 】就業規則と労務リスク管理。

就業規則はなぜ作る?

就業規則は従業員が10人以上になったら届出なければなりません。これだけを考えると、多くの方は「うちの会社はまだ10名に満たないから大丈夫!」 だと思うでしょう。

理由は、規模は小さくても社員が何人かいれば、ルール無しでは公平さに欠け、管理が難しいばかりではなく、場合によっては社員のモチベーションダウンにつながることさえあるからです。

就業規則は会社のルールです。
社長の経営方針や理念の下、複数の社員に同じ方向に向かって頑張ってもらうためにはその理念を反映したルールが必ず必要なのです。

伸びる会社は、「義務付けられているから」就業規則を作るのではありません。
自社にとって規則が必要だと感じて作るからこそ役に立つ良い就業規則ができるのです。

就業規則があるメリット

社員との信頼関係の構築
企業の発展を支えるのは人です。
良い人材ほどルールの明確な会社を好みます。信頼できるからです。
ルールを文書化していることで会社としての統一性・公平性が保たれ、社員も安心して働くことができます。
信頼関係抜きでは、人を育成することも真の戦力を期待することも不可能です。
リスク回避
最近では労働者自ら労働に関する知識を積極的に持ち、自分の労働環境は自分で考えるようになりました。会社としても自社の経営方針を盛り込んだ明確なルールを定めておかなければ、トラブルが起こってしまった時、大きなリスクを負うことにもなりかねません。
トラブル発生時にも役に立つ就業規則が必要です。
コンプライアンス
数年前から企業の不祥事が新聞紙上を騒がせるようになりました。そして、それに対する世間の目は本当に厳しいものであることを目の当たりにしています。
会社の信用を継続するためには、コンプライアンスは不可欠です。